ダイエットについての苦い体験と現在の方法

私は30代女性ですが、ダイエットに目覚めたのは20歳の頃でした。
20歳の頃まですごく太っているわけではないと感じていてダイエットには興味がありませんでした。きっかけは彼氏に振られ、ダイエットをして痩せれば復縁しても良いと言うところからダイエット人生の始まりでした。最初から過酷なダイエットをしてしまい、この時のせいで女性ホルモンのバランスを崩し体を壊してしまった苦い体験があります。その時、一か月で7,8キロ体重を落としました。ダイエット方法はいたって簡単でした。それは食べないこと、更によく動くこと、これだけでした。非常に辛く、結局最終的には友達に慰めてもらいバカ食いしリバウンドしたのがオチです。

その後年齢を重ねるごとに、体の中からきれいになる方法と筋肉や重力の下がりによりダブダブな体系にならないように、ダイエット方法を試行錯誤しながら年齢に合わせ変えています。

食事には玄米ご飯を取り入れたり和食中心にしたりなど、間食を控えたりとにかく体に優しい食べ物を口にするように心がけています。体つくりのところでは、ヨガを取り入れたり出来る時にウォーキングをしたりとハードな運動ではなく無理せず続くようなことを取り入れました。
大沢美紀先生のヒラクアップはこちらから